社長メッセージ

法人設立64期目のスタートとなりました。三宅産業は、創業200周年に向けてのスタートとなる151周年を終え、第2ステップの年を迎えることとなりました。振り返れば、昨年度は創業者が突然亡くなるという大変な年でした。三宅昭二会長は、文字通り生涯現役を貫いた人でした。健在であれば、90歳を越えても出社されていたでしょう。それだけ会社を、社員を愛し続けた人でした。全社が深い悲しみに包まれていますが、いつまでも下を向いてばかりはいられません。前を向いて、会社を継続発展させてゆく事こそが、会長への最大の供養になると信じています。地味で地道でひた向きな日々の努力こそが、我々の最大の武器です。たとえ、どんなに厳しくとも、新しい年へ突き進んで行かなければなりません。

今年の総合スローガンを「顧客満足度向上の感動サービスで、新しい時代にチャレンジしよう!」に決めました。我々サービス業の生き残りは、いかにお客様に感動していただけるかにかかっています。そして、ファンになって頂き、一人でも多くのリピーターを獲得できるかが全てです。いくら時代が変わろうとも、基本的な行動は変わりません。勇気を持って、新しい時代にチャレンジして行きましょう。

経営理念の『美しい生活の創造』を旗印に、お客様や地域の皆様からの信頼と期待に高い水準で応えていける会社で在り続けたいと願っております。全社員が一丸となって、経営指針の指し示す方向に向かって、日々実践して行くことで地域と共に、三宅産業の発展もあると信じています。

平成31年4月1日
三宅産業株式会社
代表取締役 三宅 慎二