太陽光メンテナンス

点検内容


定期点検を行うことで、不具合を早期に発見し「長期安定運用」をサポートします

太陽光メンテナンス・寿命

太陽光発電システムは装置や精密機械である以上、必ずしも「故障しない」「性能が低下しない」ということはありません。自然災害や、機器の不具合による発電ロス等、様々な可能性が考えられています。メンテナンスフリーとよく言われていますが、実際には多くのトラブルがあり、二次災害はおろか最悪の場合、火災を引き起こす危険性もあります。
計画通りの売電事業を実現するには、定期的なメンテナンスが必要なのです。故障は不具合の未然防止、早期発見こそが太陽光は売電事業を健全に運営する為にも必要なものなのです。
また、改正FIT法により、低圧太陽光発電でもメンテナンスが義務付けられました。適切なメンテナンスが行われていない場合、売電権利が失効する可能性があります。
是非、この機会にお客様が大切な太陽光発電システムと末永くお付き合い出来る、保守契約を結ばれることをお勧めしたいと思います。

上記は税抜価格です
保守点検内容や契約等詳細についてはお問合せください
その他、太陽光遠隔監視・太陽光パネル洗浄作業等も行っておりますのご相談ください

不具合事例


各種点検機器


モジュールや架台の設置状況、接続箱の内部や配線の固定状況、接続状況等を目視にて、
さらにパワーコンディショナの作動状況を点検します

使用機器


IVチェッカー、ソーラーメンテZ、ソーラーメンテis、サーモカメラを使用し、
系統毎の太陽光パネルの発電量測定を行います

注意事項

※この保守契約の中にパワコンや、パネル等の不具合による発電量の低下の保証はありません。
※定期点検を行う際、パネルの系統ごとに発電を停止し測定を行いますが、その停止している間の発電の保証はありませんので、ご注意下さい。
※IVチェッカーを使用し、地上設置の太陽光パネルを測定する際は、一定量以上の日射量(600Kw/m2以上)が必要となる為、
日中の作業となりますので、ご注意ください。
※太陽光パネルやパワコン等の修理が発生した場合、機器はメーカー保証となることがありますが、取替費等は別途発生致しますのでご注意下さい。
※太陽光パネルと架台の増し締め作業は別途見積となります。

   

Q太陽光メンテナンスって必要ですか?
A2017年4月から改正FIT法にて「保守点検及び維持管理」が法的義務となりました。
産業用(低圧・高圧)は保守点検業者と契約を結ばれることをお勧めします。

Q太陽光メンテナンスのメリットって何ですか?
A目視だけでは分からない不具合を専用機器を使用する事で発見することが出来ることです。

Q家庭用も対応していますか?
A家庭用から低圧・高圧まで対応しています。
内容や金額については別途お問合せください。

Q屋根設置でも対応可能ですか?
A屋根設置・地上設置共に対応しております。
但し、屋根の場合は現場条件により異なりますので別途お問合せください。

Q異常がある場合の対応は?
A現場への駆けつけには費用が必要になります。
但し、保守契約を頂いている物件については、駆けつけ1回無料です。

Q保守契約をしなくても点検してくれますか?
A当社では保守契約は勿論、スポット(随時)対応も行っています。