新着情報

お知らせ

一覧に戻る

第87回 「私の生い立ちと歩み」

2014年02月05日

<私の健康法>
社会的意義のあることや、人に喜んでもらえることを進んでしたい、これが私の趣味だと云うときざかもしれませんが、これまでずっと続けて来ました。結婚の仲人も二十組以上になりましたが、最近はなかなか出来ません。
年を取ると忘れやすくなる事は事実です。同友会の全国的交流のパーティなどで「三宅さん、お元気ですか」と話し掛けて下さる方も多いのですが、挨拶しながら「誰だったかな?」と、相手のお名前が思い出せないことがあります。話しながら、さりげなく名札を見たり、見えない時でも考えることを放棄せず、ホテルに入っても、次の日も、思いだそうと努力します。そう云えば、横にいた人があの県の人だ、と、ヒントをたぐってパッと思いだす時があります。忘れかけていたことを思い出す努力を一生懸命することが、頭をボケさせないことではないかと思います。
日野原先生は、「野球が好きならテレビの前で観戦するのではなく球場へ行って、周りのみんなと一緒になって大きな声で応援したり、手を叩いたり、悔しがったりというように、現場そのものを体験して来るように。そういうことをしていかないと、あなた自身が頭で考えないで楽をしすぎてしまうから、脳の使い方が少なくなってしまう」と云われています。人間はみんな、脳の細胞の過半数を使わないまま死んでいくと言われますが、現代は昔よりも尚更使わなくなってしまっている部分をどんどん使ってくださいと。私はそれを読んで、日頃自分が思っていることと一緒だなと感じました。
質素倹約な人生を送るというのは、私の人生そのものの主義です。豪華なものを着たり身につけたり、そんなことは自分の性にあわないのです。機能が残っているものを使わないのはもったいない。例えば今付けている腕時計は980円ですが、4年半ずっと使い続けています。乗っているトヨタ・クラウンも一世代前の型で、帳簿価格は1円になっていますが、多分私が運転出来る期間はこの車に乗り続けるだろうと思います。これまで新車を買ったことはありません。新車はもったいないので、中古車ばかり乗っています。外見を気にせず、いらない金は使わないで困っている地域や国などへ黙って寄付したい、そんな人生が素敵だと思っています。そして自分はいつもプラス思考で、マイナス思考にならないよう努力しているつもりです。
善悪に対する自分の「座標軸」を持つ。別に自分から大きな声で主張しなくとも、心の中でこれは正義かどうかを見分けることのできる、自身の尺度をいつも持っておきたいと思っています。自分はもう棺桶に片足を突っ込んでいるんだから、どちらが正しくても間違っていてもいいじゃないかというような、投げやりな傍観者的な人生は送りたくありません。最近のことで云えば、希代の悪法「特別秘密保護法」に怒りを覚えています。何としてもこの法をなくさなければ、戦争につながると気が気ではありません。
こうした心の持ち方が健康につながっていると信じているわけです。

<私の健康法>

社会的意義のあることや、人に喜んでもらえることを進んでしたい、これが私の趣味だと云うときざかもしれませんが、これまでずっと続けて来ました。結婚の仲人も20組以上になりましたが、最近はなかなか出来ません。
年を取ると忘れやすくなる事は事実です。同友会の全国的交流のパーティなどで「三宅さん、お元気ですか」と話し掛けて下さる方も多いのですが、挨拶しながら「誰だったかな?」と、相手のお名前が思い出せないことがあります。話しながら、さりげなく名札を見たり、見えない時でも考えることを放棄せず、ホテルに入っても、次の日も、思いだそうと努力します。そう云えば、横にいた人があの県の人だ、と、ヒントをたぐってパッと思いだす時があります。忘れかけていたことを思い出す努力を一生懸命することが、頭をボケさせないことではないかと思います。
日野原先生は、「野球が好きならテレビの前で観戦するのではなく球場へ行って、周りのみんなと一緒になって大きな声で応援したり、手を叩いたり、悔しがったりというように、現場そのものを体験して来るように。そういうことをしていかないと、あなた自身が頭で考えないで楽をしすぎてしまうから、脳の使い方が少なくなってしまう」と云われています。人間はみんな、脳の細胞の過半数を使わないまま死んでいくと言われますが、現代は昔よりも尚更使わなくなってしまっている部分をどんどん使ってくださいと。私はそれを読んで、日頃自分が思っていることと一緒だなと感じました。
質素倹約な人生を送るというのは、私の人生そのものの主義です。豪華なものを着たり身につけたり、そんなことは自分の性にあわないのです。機能が残っているものを使わないのはもったいない。例えば今付けている腕時計は980円ですが、4年半ずっと使い続けています。乗っているトヨタ・クラウンも一世代前の型で、帳簿価格は1円になっていますが、多分私が運転出来る期間はこの車に乗り続けるだろうと思います。これまで新車を買ったことはありません。新車はもったいないので、中古車ばかり乗っています。外見を気にせず、いらない金は使わないで困っている地域や国などへ黙って寄付したい、そんな人生が素敵だと思っています。そして自分はいつもプラス思考で、マイナス思考にならないよう努力しているつもりです。
善悪に対する自分の「座標軸」を持つ。別に自分から大きな声で主張しなくとも、心の中でこれは正義かどうかを見分けることのできる、自身の尺度をいつも持っておきたいと思っています。自分はもう棺桶に片足を突っ込んでいるんだから、どちらが正しくても間違っていてもいいじゃないかというような、投げやりな傍観者的な人生は送りたくありません。最近のことで云えば、希代の悪法「特別秘密保護法」に怒りを覚えています。何としてもこの法をなくさなければ、戦争につながると気が気ではありません。
こうした心の持ち方が健康につながっていると信じているわけです。

ページ上部へ